オフィスセキュリティについて

オフィスの物理的セキュリティ例

最近はマイナンバー制度の運用開始や情報漏洩事件の発生によって、企業のセキュリティ対策への目が厳しくなっています。

お客様からお預かりしている情報を守り、信頼を得るためには、適切な安全管理措置を講じる必要があります。

オフィスには書類の盗難防止やパソコンの覗き見防止をするための安全管理措置を講じる必要があります。

オフィス作りをする時には、物理的セキュリティを考慮したオフィスレイアウトや備品、設備の導入が必要です。

 

山半では千葉の企業様に対して、物理的セキュリティを考慮したオフィス作りのお手伝いをしています。

山半がオフィス作りで意識しているセキュリティ対策をご紹介します。

物理的セキュリティ

オフィスの物理的なセキュリティ対策をするにあたって最も重要なのがオフィスレイアウトの最適化です。

書庫のセキュリティ

鍵で開錠するものや、ナンバーロックで開錠するもの、ICカード認証や指紋認証によって開錠するものもあります。保管物やオフィスの状況、予算に応じて最適な書庫を選択しましょう。

鍵の管理

保管する鍵の種類やオフィス環境に応じて最適な鍵管理ボックスを選択しましょう。


監視カメラの設置

監視カメラは用途に応じて様々な種類があります。最適な監視カメラの選定は山半にお任せください。

入退室管理

お客様のオフィスの状況や部屋の保管する書類に応じて最適な入退室管理システムは異なります。山半にご相談いただければお客様にとって最適な入退室管理システムをご提案させていただきます。

機密文書処理

機密書類は復元できないような寸法で裁断するシュレッダーや、薬品で溶かして廃棄する紙溶解サービスを利用して廃棄しましょう。


山半が選ばれる理由

選ばれる理由1.  オフィスの移転の一括窓口を代行

選ばれる理由2.  レイアウト設計のスピード作成

オフィス移転を余裕をもって進めるためには、

新オフィスのレイアウト図面をいち早く確定させることが重要です。

 

 

オフィスレイアウトが決まらないと内装工事や電気工事、オフィス家具の手配に進むことができないからです。

 


山半はオフィス家具のメーカーの設計部門と連携をすることでオフィスレイアウト図面をスピード作成することが可能です。

 

 

短納期のオフィス移転もお任せください。


選ばれる理由3.  地元工事会社とのネットワーク

オフィス移転には信頼できる工事会社の協力が不可欠です。

 

山半は60年以上のオフィスづくりの歴史の中で、地元千葉の信頼できる

工事会社とのネットワークを築いてきました。

 

私たちはお客様からのご要望をもとに、

 

外観工事や電気・空調・トイレ等設備の細部にいたるまで、

 

パートナー会社とのネットワークに加えて、品質マネジメントシステムで

 

工事品質を担保し、お客様に安心のオフィス移転をご提供します。


山半について

サービス案内

事例・実績

よくある質問

お問い合わせ